ドライブレコーダーを付けてみました。

すごく、久しぶりの更新です。

日産ノートと軽四のルークスに

各々前後方向が同時に撮影録画できる

ドライブレコーダーを自分で設置することにしました。


ただ、購入したものが予算の都合で同じものではなく

設定など覚えるのが大変でしたね。

そこは、この先考えるとまさしく失敗です。

できれば、同じ物を買うべきだったです。



では、軽四の設置の方を記事にしてみましょう。


これが、ネット購入した軽四用にした物です。

マイクロSD32ギガ付きです。

画像



まず、最初にシュガレットからの電源で作動確認を

してみました。

画像


このように普通に作動するようです。

バックカメラの方もOKです。

画像



日時の設定などは設置後にしようか。

設置可能な位置が決まっているようです。

大体フロントウインドウの上方で上から5分の1以内が設置条件のようです。

そして、ワイパーの作動する範囲内に収まるようにです。

雨天の時にもね。

助手席側に大体の設置位置を決めたら、本体への電源コードとバックカメラに

伸びるコードを同時にサイドピラー側に緩めに2本を引いていきます。

ちなみに、フロントウインドウの上部にはノートのように隙間が

ありませんから、方法は後ほど考えます。

画像



サイドピラーの下側のプラスチック成形と少し柔らかな天井から伸びてる材質の

境目の部分にコード2本同時に手の爪かコードを傷めない

先の細い薄いもので埋め込んで行きます。


画像


そうしたら、その先ドアの接する車体の縦のゴム製パッキン内側に

押し込んで下に向かって入れて行きます。

画像



こんな物でゴムをめくりながら、入れていきます。


画像


意外と簡単で配線は全然見えない状態になりました。


そして助手席のフロアシートの下を這わせる訳ですが、発煙筒を少し抜いた

状態で2本のコートを引っかけます。

画像



電源コードはマットレスの下をはわせて

ハンドル下のシュガレットケースに差し込みます。

これで電源コードは終了です。

ケースは大体運転席から手が届くところにあるし、

複数電源が必要な場合は分配器具も売っています。

画像




バックカメラのコードは助手席フロアマットの側から座席下を

通し、さらに後部座席のフロアマットの下側を伸ばします。

写真は助手席下です。

画像



画像



今度は後部ドアに接する車体に備わるゴム製パッキン内側に

差し込んで、コードをあげて配線して行きます。

画像



同様にプラスチックピラーと柔らかな材用の

間に埋め込んで行きます。

画像


画像


バックドアまで延びたら、バックカメラをウインドウ上部の中心に吸盤とアタッチメントで

とめます。

この時、バックランプと接続させる、赤いコードが付いていますが

本体独自に上側か見えるカメラモニターがるため、バックカメラの照明に合わせての

細工は必要なく切断して、各々絶縁テープで巻いていきます。

設置の時、バックドアを開いて上げた時のため余裕のコードが必要です。

画像


余ったコードは座席下に置きます。

バックカメラは鏡像と言って左右が反対に撮影記録されまます。


本体を前のウインドウに付けてみます。

配線後ですがちょっとコードの長さが足りないので

逆にひっぱり出しました。


ルークスはフロントウインドウの最上部に隙間がないので

差し込めません。

こんな状態で配線がブラブラで見た目が悪いです。

画像



今から100均にコード押さえを買ってきます。

これです。床に貼ったりするやつです。

これを2本のコードの長さに合わせて切断して使います。

画像


付属の両面テープで貼って、コードを入れて黒い蓋を

します。

きれいに収まりましたね。


画像


さて、本体を一時はずしてマイクロSDを入れ

日付の設定と、ひとつの録画の分数を設定します。

モニターに録画を示す赤い点滅が始まりました。

画像



2台のドライブレコーダーは方法が違い、文章を読んで理解するのに

時間もかかりますが、楽しいです。


録画単位の分数設定すれば、カードが一杯になった時に、最初の単位に

ループしてから上書き録画していくようです。


そして、車体に衝撃を感じた時は前後3ブロックが上書きしないよう画像が保護されるようです。

また、駐車中に衝撃を感じると自動録画機能もあるようです。

8ギガで3分きざみを13コマ、3倍の32ギガでは2時間ほどです。

しかし、これは解像度の設定で違ってきます。


マイクロSDを抜く時には、車のエンジンを切って、念のため画像が消えないように

本体の電源を落としてから抜いて、必要があればPCにバックアップなどします。



これでちょっと、安心して運転ができる感じがします。

もし設置したいと思いましたら、色々な機種がありますから

検討して設置が必要ですね。

そして、録画中のステッカーを車の後部に控え目に貼りました。


所要設定時間は考えながらですが1時間ほどで終わりました。

ちなみに、近くのイエローハットではシュガレットからの

前後カメラ用の取り付け代で1万円でしたね。


以上です。


きっと、誤字脱字があると思いますがご容赦を

自分で気がついたら途中で訂正します。



"ドライブレコーダーを付けてみました。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント