赤信号で入ってしまって ドラレコ

片側1車線の信号機付き交差点で


進入時に黄色から


赤になってしまいました。


もうちょっとでバイクと事故です。


私が悪いに決まっていますが


帰宅後すぐに、ドライブレコーダーの


記録媒体であるマイクロSDで確認しましたら


たぶん、勤務帰りでバイクも早く発進かもですが


とにかく、記録を映像で見ることができました。



進入時の前のカメラ、通り過ぎた後のバックカメラで


自分の危ない運転が良く分かり、すごく反省です。


前カメラでは最初の横断歩道のゼブラ線の通過時に


赤で交差点の中央ではバイクが動き出していました。


バイク側も赤信号を表示しています。


少しハンドルを右にふり、アクセルをふかしたのです。


バックカメラで見ると、私の車が通過して


すぐに、普通にバイクは直進して行きました。


見込み発進なのか怒った様子もなく、こちらは見ていませんでした。


寸前ですが事故にならなくて良かったです。


赤で入った私、赤で発信したバイクどちらがというと


赤で入った私が悪くなると推測します。


ぞっとする記録を確認することができましたから


さらに安全運転が必要です。



ちなみに。記録はホルダダー1と2があって


1は前側のカメラ、2はバックカメラの記録になっています。


1を開くとビデオ録画の3分録画のホルダーがたくさん連続に


並んでいます。


プロパティを確認すると全部で24時間分が記録されていた。


そして記録日時も示されています。


おおよその時間を見れば前後のカメラの


目的の時間のビデオが見れるのです。


反省の意味でも自分も守れます。

この記事へのコメント

2019年04月11日 09:18
ご無沙汰です。
ドラレコで反省するとは、山ちゃん素晴らしいです。
客観的に自分の運転を見ることはないので、そういう点てもドラレコは活躍するんですね。
普通は事故が起きなければそのままドラレコを確認することもないでしょう。
未だ古い愛車を手放さずに乗っているワタシは、周りの人にドラレコにお金を出すのはもったいないと言われ付けていませんが(苦笑)
山ちゃん
2019年04月11日 17:47
karaちゃん久しぶりです。
元気・・・
紙一重でしたから、どんな風に映像として
記録されているか見たかったのです。
結果としてバイクは分かっていて赤で見込み
発進していたのではないかと思います。
それと32ギガでどのくらいの時間が記録されるのか
実際に見たかったのです。
事故にならなくて良かったです。
私も前の2400ccの車は15年乗りました。
もう一度車検をしようとしましたが、エンジンから
オイル漏れが出たから今のに変えました。
燃費が悪くリッター当たり7kくらいでしたね。

この記事へのトラックバック