デジカメ散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄の海 ダイビング 芭蕉布

<<   作成日時 : 2018/07/21 08:17   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 2

また、今日も暑そうですね。

最近は挨拶が「暑いですね。」になって

しまいましたね。

そこで、海の中の世界です。


人に比較すると大きなイソマグロです。


イソマグロを調べてみました。

全長2m以上にもなる大型種。

体は細長く、体側の後半部に鱗はないこと

側線は後半部で波打つこと

第1背鰭の前端が高くならないことなどで他種と区別することができる。

マグロと名前に冠しているものの、どちらかといえば

系統的にはいわゆるマグロの仲間よりもカツオの仲間に近い。

分布 南日本。〜インド・西太平洋の熱帯・亜熱帯海域。

生息環境

沿岸域の主に表層を遊泳する。群れを形成するときもある。とりわけ亜熱帯・熱帯域の離島に多い。

食性

魚類、甲殻類、軟体動物などを捕食する動物食性。

その他
味はそこまで良いわけでなく、マグロという名前に期待して

生食をすると裏切られる人も多いようである。

しかし、食べ方を工夫すればある程度は美味しく食べられるようである。

味覚はいまいちとされることが多い一方で、大型になることもあり釣りでの人気が高い。

とりわけ、船からの釣りよりも離島の磯から

本種を狙う釣りが有名で「磯のダンプカー」という異名も持つ。


画像


真上を

画像




画像





ナポレオン

画像



芭蕉布

海の青さに 空の青

南の風に 緑葉(みどりば)の

芭蕉は情けに 手を招く

常夏の国

我(わ)した島 沖縄(うちなー)


倍賞千恵子、石嶺聡子、夏川りみなどが歌っていました。

なかなか、良い歌でした。




芭蕉布(ばしょうふ)とは、バショウ科の多年草イトバショウ(Musa liukiuensis)から

採取した繊維を使って織られた布のこと。別名蕉紗。

沖縄県および奄美群島の特産品で

薄く張りのある感触から

夏の着物、蚊帳、座布団など多岐にわたって利用される。

1974年に沖縄県大宜味村喜如嘉の芭蕉布(英語版)が

国の重要無形文化財に指定されている。

肌衣によく用いられる絹織物の芭蕉織とは異なる。

俳諧における夏の季語でもある。

吉川安一が作詞をし、普久原垣勇が作曲をした同名の歌があります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
イソマグロはホントに迫力ある魚です。宮古で初めて見た時は嬉しすぎてショック!^_^; 芭蕉布・・・布の紹介かな?と思ったら歌でしたね。宮古島にすっかり惚れ込んで10年間毎年春に3週間ずつ通った両親がよく歌っていました。 記事を読んで母の歌が耳元で蘇りました。
クーポノ
2018/07/21 21:05
クーポノさん
実際のイソマグロ見られて良かったですね。
沖縄を感じる芭蕉布の歌、良いですものね。
お母さま好きだったのですね。
思いだ出して頂き良かったです。
山ちゃん
2018/07/30 11:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄の海 ダイビング 芭蕉布 デジカメ散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる