世界遺産カッパドキア トルコの旅18 ギョレメ野外博物館

ゆっくりとした、トルコの旅の記事です。


キリスト教が関係するギョレメ野外博物館と言う


名の昔の教会の遺跡に寄った。


でも、岩窟内部の教会のフレスコ画などは


写真撮影禁止と言うことですから


岩窟には入らず


周辺の風景を主としましたが


息子夫婦とうちのは岩窟の内部に


入って行きました。


今となっては入れば良かったとの思いも


ここは西洋人が多かったですね。




ギョレメ野外博物館とは


ここには多くの岩窟がり、その内部はキリスト教の教会になっています。
 
4世紀、ローマ帝国の迫害を受けたキリスト教徒たちは

カッパドキアに隠れ住みます。


キリスト教は、やがてローマ帝国で公認されますが

その後も純粋な信仰に生きる教徒たちはこの地で暮らしました。
 

その後、カッパドキアはビザンティン帝国の領土となりますが

徐々に衰退し代わって東方から

アラブ人やイスラム勢力が侵入してきます。


この地で暮らす人々は、彼らの侵略者から身を守るために

洞窟や地下都市に隠れて暮らしました。

 
現在、見学できる洞窟はおもに11世紀ごろにつくられたものです。

入場ゲートを通って、まずは1つ目の岩窟教会に入ります。


ここは「リンゴの教会(エルマル・キルセ)」と呼ばれています。

11世紀中ごろから12世紀にかけてつくられたものと言われます。


かつて、入口の側にリンゴの木があったことが

名前の由来だそうですが他にもいろいろな説があるそうです。
 

小さな入口をくぐって内部に入ると、一面に描かれた鮮やかな

フレスコ画が目に入ってくるそうです。


画像



ここでも奇岩がいっぱいです。

画像






画像








画像




ここの内部は別料金で展示物が見られるようですが


どんなものがあったのかはね。


屋外にいましたからね。

画像






画像







ここからは息子の画像です。

画像








画像











画像









画像








右側にはここの壁画がレオナルドダビンチの最後の晩餐に

参考にしたのではと言うものです。

これでは、分かりませんが・・・





画像






土産物売り場など・・・


画像








誤字脱字にご容赦を・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 78

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年05月29日 23:42
こんばんは
ゆっくりとしたトルコの旅、いいですね。
トルコのどこまでも、どこまでも、素晴らしい風景、ずっと見せられても飽きないですが、
山ちゃんの記事にされる力にも毎回感動です。
たくさんの写真に記憶がついてってることにも感動します。ヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ
あの赤い葉の木はどんな木なのでしょう。紅葉してる?
またゆっくりゆっくり、トルコを楽しませてくださいね♪
山ちゃん
2014年05月31日 14:52
杏ちゃん、こんにちは。
ブログのペースが落ちてしまいましたがカッパドキアは本当すごいところでした。
そうなんです。
確か木には赤い小さな実がいっぱいなっていましたよ。
カッパドキアの最後はローズバレーと言って、夕日に照らされて赤く染まる
谷に行きましたが、それがとっても素晴らしかったです。
何日か後にまた、記事にしたいと思います。
次回は庭のアジサイの様子でもと思っています。
また覗いてくださいね。

この記事へのトラックバック