世界遺産カッパドキア トルコの旅15 洞窟民家訪問と絨毯

カッパドキアで1泊して今日はこの地の観光です。

最初に洞窟民家を訪れます。

そこではチャイを味あえる予定です。


でも、そう言っても民家兼手作り品販売をするところを

も兼ねているようです。

この素晴らしい景色の台地の南はずれの崖ぎわから

階段を降りるように洞窟民家に降りて行きます。


ここはすごい絶景なんですよ。

カッパドキアの詳しい事前情報は持っていませんでしたが

想像していたよりも、すごく広く壮大でびっくりする風景です。





独立した大きな岩もあってすごいです。

向こうはたぶん泊っているホテルの方向ですが

拡大しても、さーてでした。

もう少し右側かもです。

画像







台地の上からの左側方面はこんなです。



画像




中央の方向ははこんな風景です。

こんなに広いのです。

画像




拡大すると牧場に馬が見えましたよ。

牧場は観光用かな

その辺は良く分かりません。

画像








そして右側はちょっと違います。

向こうお山はウチヒサール

すぐ近くには後ほど行きましたよ。

これだけではないですから世界遺産になる

当然の風景です。


画像












部屋はちょっとはっきり分かりませんが15畳くらいの

部屋に案内されました。

部屋の床には絨毯が敷かれ何故か中央がだんだんへこんで

低くなっているのが分かります。

天井も中央が少し丸く高くなっています。

壁は平らではないですが、ほぼ立方体の形で

ちゃんと窓もついています。

中央南寄りには、槇ストーブが据えて暖を

取っています。


ここには30歳くらいの女性がひとりいて

出して頂いた小さめのチャイコップで飲んだチャイが美味しかったです。

トルコの紅茶です。

そしてうちの家族は売られていた

太い毛糸の手編みの靴下などを買ったようです。








中央の男性は現地ガイドのメメットさんです。

画像







天井は裸電球に岩を削った跡が残っています。

画像








傍らには太い羊の毛糸で絨毯を織っています。

画像








画像





本当手作りの物です。

画像





また、洞窟民家から出てきました。

おやおや、やっぱり近くに小さな土産物屋さんがありますよ。

なるほどね。

こうして洞窟民家も観光化しているのですね。

この地の昔の様子分かって良ったです。

この人はフレンドリーな背の低いでした。

画像



女神もありましたからね。

良い背景です。

画像




では次は、また私たちは現地の

商売のお客さんに変身です。

嫌といっても、バスで連れて行かれるって

やつです。


絨毯を織っている様子を見せて

売っている所に向かいます。

途中羊の遊牧のおじさんに会いました。

とにかく道路も羊優先です。

おじさんは生粋の遊牧農家の

トルコ人だって感じで格好良いですよ。

画像




画像



見て、このおじさん、このおじさん

画像



どうです。

イカスでしょう。

イカスはもう死語ですか。

画像





へー 羊に混じってラクダもいますよ。


画像





ここの地では草も少なく羊も放牧も大変そうです。



画像





息子がうちのに「Hちゃんが、欲しいって

言ったらとめてよ。」って言ってなみたいです。

それほど高い絨毯とはどんなものなのか

きっと皆さんが行く観光コースなんですよね。

ここはトルコに行った方なら記憶があるかもですね。


絨毯が気にいったら、一時金を納入して

日本の自宅に届いたら降り込んで頂いても

結構と・・・

この方法はヨーロッパ人には信用ないですが

日本人とアメリカ人にはそうしていますと。

へー そうなんだ。

さて、ヨーロッパ人のツアーが来た場合にはどんな説明を

するのかな。なんてね。


でも、トルコ人はとっても親日家ですから

まんざらでもないでしょう。


観光施設を兼ね国家資格を持った人が織って、ここで売っているようです。


画像






1本ずつしばるのです。

すごい時間もかかります。

ある地方の民家では女の子が子供の頃から

親に織り方を教わって嫁入り道具として

持って行くとかです。



画像




カラフルな毛糸がぶらさがっています。

自然の物を使って染めるとかです。

画像




この髭の方、流暢な日本語です。

まゆをお湯に浮かべ糸を引きだしています。

絹で飾り用の壁掛けの織物をするようです。

画像




さー たくさんの人が出て来てセールスです。

こーして広げて見せます。

絨毯も良いですがもうびっくりするような値段です。

手間がとってもかかっているのです。

くれるならもらいますが、買うのはちょっと予算外です。

画像



私はひとりでうろうろ通路のディスプレーの方を

見ることにしました。


やー こちらの方が落ちつけて良いです。

いかにもトルコの絵って感じです。

絵を写真にして後ろから照明を当てて

なかなか良いです。

画像




画像




画像



画像



やっぱり、あの台地からの風景が忘れられない。

画像


誤字脱字にご容赦を・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 83

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年04月20日 07:45
いや~ものすごい絶景ですね。ビックリです!
また、これだけ広いと見て回るのも大変でしたねw
ますます、トルコへの憧れが強くなりました^^
今後も楽しみに拝見させていただきます。
山ちゃん
2014年04月20日 20:18
OZMAさん、こんばんは。
私も奇岩があって、世界遺産になっていて気球も体験できる
ところくらしか情報はなかったですから、広い奇岩の風景など
色々びっくりなことがいっぱいでしたよ。
2泊しましたから、色々と回れて良かったです。
続きますから覗いてくださいね。