デジカメ散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 白川郷 水彩画と写真

<<   作成日時 : 2017/02/23 08:54   >>

ナイス ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 10

冬の白川郷は豪雪ですごい姿になりますね。


最近は北陸新幹線や高速道路ができた関係で


外国人の観光客が増えたそうですね。



よその国の人にしてみると白川郷の風景は四季を通して


良いですし、村の佇まいにより異文化を感ずるでしょうね。



先日NHK−BSプレミアムで「ゆい」と言う村で助け合う風習で


茅葺屋根を吹き替えをするドキュメントの


再放送をやっていました。


もう、数年前と見るのは2度目でした。


葺き替えをする為に、合掌家屋の若い当主が村中を回り


手伝いのお願いをしたり


地元中学生が伝統を知るため、前もってかや刈体験していました。


そのかやも使ったり、参加したりして・・・・


そして全国からのボランティアも参加依頼して


500名以上が携わって完成でした。


村の中には、1家族で複数の人数の参加も


若い当主の父は、屋根はうちの物であって


皆さんの物だと言う。


そして、参加した人たちも完成に進むにつれて


自分の屋根と思うようになると言います。


何だか分かるような気がします。



かやぶき屋根の吹き方の技術の継承や、ゆいの意義が


内容は素晴らしかったです。


行ったことのあるところだし


感動して見ていました。




2年前に描いた西側の展望が効くお山からの白川郷の冬の風景です。



画像



ちょっと違う角度ですが、同じところからです。

このころは今より木があって展望が狭かったような。


夏の絵は右奥の重なった大きな合掌家屋です。

画像






すごく昔(2003年)描いた、夏の白川郷の合掌家屋

うちのと、行った時の写真からでした。


こちらは、最近少し手を入れていますけど

画像


画像






ずいぶん前のブログより

もう15年以上も前にうちのと車で行った

白川郷の写真です。



 
一部周囲の合掌も入っています。

1995年に白川郷と五箇山の合掌造り集落とした世界文化遺産として登録されています。
 合掌造りは江戸時代から始まった養蚕のため、屋根裏を設置が始まり、豪雪より雪下ろし作業の軽減と屋根裏面積の拡大のため急角度の特徴ある茅葺き屋根となっています。
 天井裏は風通しが良く、盛んに養蚕が行われました。地域協力の「ゆい」により、30年から40年に一度茅葺き屋根の葺き替えが行われるが、最近では高齢化により「ゆい」も大変になっているとのことです。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 60
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は
TV昔観ました
皆で助け合って良いことですよね
続いていって貰いたいです
すーちん
2017/02/23 17:23
こんにちわ!お読み頂きありがとうございます。
すごくいい絵で感動しました。
白川郷他合掌作りの里へ行かれたのですね、私も数年前に行き感動しもう一度行きたいと思いつつ実現していません。冬場の雪景色を見たいのですが運転を止めた為中々いけません。写真も綺麗ですね。私のカメラではここまできれいに写りませんがそれでも酔いも出でとして時々眺めています。
また素敵なブログ拝見させて頂きます。有難うございます。

ゆらり人
2017/02/24 08:40
冬の白川郷は見たことがありませんが、小高い場所から見た景色はいいですね。
穏やかで、ここだけ別世界のような感じです。
はるる
2017/02/24 20:22
こんばんは〜
私も観ましたよ〜
ボランティアの方々が多数作業を手伝っていましたね。
あの姿こそ日本民族の姿だと思ったのを覚えています。
助け合いの精神だとね。
白川郷はツアーで行きましたが、残していきたい歴史だと思います。
イータン
2017/02/25 22:14
すーちんさん
白川郷の合掌もゆいの風習も人々の気質も
すごく良かったです。
以前の見た記憶がありましたが今回で同じものを
また見ました。
山ちゃん
2017/02/27 20:40
ゆらり人さん
コメントありがとうございます。
私は、もうすごい前になります。
合掌は素晴らしくて強烈な印象がありました。
村のゆいの風習には日本の良き時代感じますね。
ずっと続けて欲しいですね。
最近ゆいで、葺き替えをやったお宅があるそうですよ。
山ちゃん
2017/02/27 20:50
はるるさん
私も、もう随分前になります。
また。行ってみたいところですが自動車道があるから
近くなったような、でも、遠いところですね。
大昔から、家の中でお蚕を飼うためとは言え
こんな大きな建物が民家にできたなんてすごいですね。
柱や桁もみんな、植物で結束しているそうです。
山ちゃん
2017/03/01 10:57
イータンさん
私も再放送を含めて2回みました。
ほっとするような、ゆいの習慣、助け合いの原点ですよね。
再放送の時に終わってからのコメントで、最近ゆいで
また、かや葺きの葺き替えをやったそうですね。
富士山近くのかやも刈られて、持って行かれるとかですね。
長瀬家の葺き替えでは2万束のかやが必要とかと言っていました。
人も物もすごい事ですね。
山ちゃん
2017/03/01 11:03
3年前に、雪の白川郷に行った事があります。
今年の様な豪雪ではかったですが、一面、真っ白。
茅葺屋根も真っ白で、静寂ムードが一杯でした。
正に、この絵の様な感じです。(^^)
夏にも、一度行った事はありますが、記憶の中の景観は、こちらの写真の方が、遥かに素晴らしいです。
雪の白川郷は素敵ですが、雪の無い白川郷のこんな素敵な写真を見せて頂くと、又、行きたくなりました。(^^)
yoppy702
2017/03/03 12:05
yoopy702さん
雪の白川郷はまた、とっても良いでしょうね。
しーんと静まり返っていたりりすると、また良いですね。
畑や田んぼの中の茅葺倉庫も良かったですね。
山ちゃん
2017/03/03 15:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
白川郷 水彩画と写真 デジカメ散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる